​障害年金Q&A

1

途中で病名が変わった場合の初診日はいつになりますか?


基本的に、途中で病名が変わったとしても、障害年金の申請をする傷病と関係のある症状で初めて医療機関を受診した日を初診日と考えます。




障害認定日とは何ですか?


障害認定日とは、原則として初診日から1年6ヶ月を経過した日のことを言います。障害認定日以後でないと、障害年金の申請をすることができません。なお、例外的に障害認定日が初診日から1年6ヶ月を経過した日よりも前の日になる場合もあります。 ちなみに、精神疾患の場合には例外に該当することは基本的にありませんので、初診日から1年6ヶ月を経過するまで待つ必要があります。




最初に医療機関を受診してから1年6ヶ月を経過しないと障害年金の申請はできませんか?


原則として初診日から1年6ヶ月を経過した日が障害認定日となり、障害認定日以後でないと障害年金の申請はできません。しかし、例外として障害認定日が初診日から1年6ヶ月を経過する日より早くなる場合もあります。例えば、人工関節の手術をした場合や、ペースメーカーの手術をした場合などが該当します。




「障害認定日請求」とは何ですか?


障害年金の主な申請方法には「障害認定日請求」と「事後重症請求」があります。障害認定日請求とは、障害認定日頃の状態が障害年金の等級に該当することを主張してする申請の方法です。 障害認定日請求が認められると、障害認定日の属する月の翌月分から障害年金が支給されます(いわゆる遡及支給)。ただし、申請日より5年以上前の分については時効で消滅してしまっているため支給されません。




「事後重症請求」とは何ですか?


障害年金の主な申請方法には「障害認定日請求」と「事後重症請求」があります。事後重症請求とは、現在の状態が障害年金の等級に該当することを主張してする申請の方法です。 事後重症請求が認められると、申請日の属する月の翌月分から障害年金が支給されます。なお、障害認定日から1年以上経過している場合に障害認定日請求をする場合には、事後重症請求も併せてする必要があります。




障害年金の審査にはどのくらいの期間がかかりますか?


障害年金の審査にかかる期間は、一般的に申請後3〜4ヶ月程度です。場合によっては、5ヶ月以上かかることもあります。




「受診状況等証明書」とは何ですか?


受診状況等証明書とは、初診日を証明するための書類です。受診状況等証明書は原則として、初診の医療機関で書いてもらいます。 カルテが残っていない、または、廃院している等の理由で初診の医療機関に受診状況等証明書を書いてもらない場合は、2番目以降に受診した医療機関で書いてもらいます。 例えば、2番目で書いてもらえれば2番目、2番目もダメであれば3番目、というようにできる限り受診の時期が古い医療機関で書いてもらいます。




精神科の前に内科で睡眠導入剤を処方されていた場合、初診はどこになりますか?


そのような場合には、内科が初診とされる可能性が考えられますので、慎重に検討する必要があります。状況にもよりますので、ご相談ください。




初診の医療機関にカルテが残っていないと障害年金の申請はできませんか?


初診の医療機関にカルテが残っていなくても障害年金の申請をすることができます。その場合、2番目以降に受診した医療機関で書いてもらう書類等から、初診日を証明できるか、ということが重要になります。





​林たかのぶ社会保険労務士事務所

まずはお気軽にご連絡ください!

​お電話、LINE、またはメールフォームからお願いいたします。

​048-400-2820

平日9:00~21:00受付中

LINEの場合は、こちらのボタンからLINE公式アカウントを友達追加してご利用ください。

​メールフォーム
arrow&v

(c)林たかのぶ社会保険労務士事務所